top of page
  • shimizu808

くるみの木


令和3年4月28日水曜日。

3年間、優しく愛情込めて種から育てていたくるみが大きくなり、さつき園の敷地に植樹することになりました。


ずっと見守っていてくれた入居者さん。

くるみの木を植えながら

「こんな大きくなって、まるで自分の子どもを育てているようだね。」

「昔は近所にクルミの木があって、よく拾って食べたんだ。そんな楽しい思い出を、今の子どもたちにも体験してほしいな。」

と暖かい言葉に、一緒にいた職員も





じ~ん(感動)




大きくなって、たくさんくるみが生ったら、保育園の子どもたちにも体験してもらいたいな。


そんなお手伝いを施設の職員としてできたら、とてもうれしいなぁと感じました。



はやくおおきくなぁれ!

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Komentáře


記事: Blog2_Post
bottom of page