top of page
  • shimizu808

ひばり保育園 畑の管理活動

6月17日金曜日、ひばり保育園の畑の苗たちが元気がないことを聞き、さつき園の入居者様がお世話をするため、ひばり保育園に行ってきました~!



最近の寒暖差や風の強さから、


苗ちゃんたちは


大泣き状態。


でも、頑張っている苗に


「よく頑張ってるね。大丈夫よ~。」

と入居者様から優しい一言。






カボチャの苗は茎から折れてしまっているものがあり、泣く泣く抜いてきましたが、残りのカボチャの苗は元気いっぱい。



もっと元気がでるように、ビニール袋でマルチを作成し、設置してきました!









「大丈夫、大丈夫。」



「新芽がとっても生き生きしているよ。」



「少し暖かくしてあげよう。」



と入居者様2名で力を合わせてマルチを設置。



そんな入居者様の一言で、同行した職員も安心しました。








カボチャは小さな実をつけていました。




外で遊んでいた子どもたちが近寄ってきて、「ここにかぼちゃがある~。」と教えてくれました。









トマトは力強く大きくなっていました。



トマトやメロンなどを育てていた入居者様。



「ここの土はいい土だね。」「メロンも育てられるわ。」


「トマトもすごく立派。どこよりも立派なトマトがなるね。」


と苗と話をしながら作業。


そんな時に見つけた小さなトマトの実。




2時間の活動。


おわったときには園児たちはお昼ごはん中。


「疲れたけど、全部できてすっきりしたね。」


「あとはレンジャーの時にやろう。」


「お芋も芽をとらないとね、大きくならないね。」


とお話ししながら、本日の作業終了です!


お疲れさまでした~!







閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

さつき園内のコロナ陽性者⑤

昨日(令和6年2月27日(火))、さつき園事務所職員がコロナを疑う症状を発症し、自宅でコロナ抗原定性検査を実施した結果、陽性判定を確認いたしました。感染法に基づき、5日間出勤停止といたします。 本日10:00頃 入居者様が利用する介護保険サービス・訪問看護のスタッフが入居者様の体調を確認した結果、コロナを疑う症状を発症しており、訪問看護のスタッフからさつき園職員にコロナの抗原検査実施について提案が

さつき園内のコロナ陽性者④

さつき園内のコロナ陽性者について追加でご報告させていただきます。 令和6年 2月26日(月) 2月25日(日)からコロナを疑う症状を発症された入居者様1名(さつき園内のコロナ抗原定性検査では陰性)が、受診した結果、コロナ陽性の判定を受けました。 2月27日(火) 本日、朝食時に入居者様1名が数日前から体調が悪かったと職員に報告し、さつき園内でコロナの抗原定性検査を実施した結果、コロナ陽性を確認いた

記事: Blog2_Post
bottom of page