top of page
  • shimizu808

一年生に最後の絵本の読み聞かせ

更新日:2023年4月1日

さつき園の絵本の読み聞かせを行っているゆっきーおじいちゃんが、これから2年生になる児童に最後の絵本の読み聞かせを行いました。



いつになく、真剣に紙芝居に夢中になる児童。


いつもは騒がしい時間がありますが、今日は落ち着いて聞いてくれています。







ゆっきーおじいちゃんの紙芝居が大好きな児童も、今日は参加。


ゆっきーおじいちゃんも


いつになく

気持ちがこもっているような

そんな雰囲気。





絵本の読み聞かせが終わってから、ゆっきーおじいちゃんから一年生に感謝の言葉。


「ゆっきーおじいちゃんは89歳です。」


「ゆっきーおじいちゃんのように、一緒に来てくれたおじいちゃんやおばあちゃんのように年を重ねても元気に生活するためには、



先生の言うことをよく聞くこと。


お母さんお父さんのお話をよく聞くことが大切です。


まぁそんな未来まで心配しなくてもいいんだけれども。」


「ゆっきーおじいちゃんは、こうして紙芝居をみんなに読んだんだけど、


みんなに感謝しかありません。


みんながこうして集まって聞いてくれて、みんなのパワーが、またゆっきーおじいちゃんのパワーになりました。」


「ほんとうにありがとう。」


「これが本当のお別れではないのだけれど、こうした時間は持てなくなるので、


これからも元気に健康で、過ごしていってもらいたいなっと思っています。」


「ありがとう。」


「2年生になっても頑張ってね。」



ゆっきーおじいちゃん、1年間のお疲れさまでした。


ゆっきーおじいちゃんが絵本を読んでいるとき、

騒いだ子どもの名前を紙芝居の登場人物に挙げて、注目を作ったり、

紙芝居の後に科学の不思議で子どもたちと一緒に遊んだり、

制作の時間、飽きてきたこどもと一緒に遊んでくれたり、

その優しい声と優しい笑顔に

子どもたちだけではなく、同行した職員も優しい気持ちになりました。


ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。




閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示

さつき園内のコロナ陽性者⑤

昨日(令和6年2月27日(火))、さつき園事務所職員がコロナを疑う症状を発症し、自宅でコロナ抗原定性検査を実施した結果、陽性判定を確認いたしました。感染法に基づき、5日間出勤停止といたします。 本日10:00頃 入居者様が利用する介護保険サービス・訪問看護のスタッフが入居者様の体調を確認した結果、コロナを疑う症状を発症しており、訪問看護のスタッフからさつき園職員にコロナの抗原検査実施について提案が

さつき園内のコロナ陽性者④

さつき園内のコロナ陽性者について追加でご報告させていただきます。 令和6年 2月26日(月) 2月25日(日)からコロナを疑う症状を発症された入居者様1名(さつき園内のコロナ抗原定性検査では陰性)が、受診した結果、コロナ陽性の判定を受けました。 2月27日(火) 本日、朝食時に入居者様1名が数日前から体調が悪かったと職員に報告し、さつき園内でコロナの抗原定性検査を実施した結果、コロナ陽性を確認いた

記事: Blog2_Post
bottom of page