top of page
  • shimizu808

重要③

さつき園内の胃腸炎及び胃腸炎を疑う症状を発症された入居者様について、ご報告いたします。


令和6年4月13日(土)に入居者様1名が下痢や嘔吐などの症状を発症し、受診した結果、胃腸炎と診断を受けました。その後、胃腸炎や胃腸炎を疑う症状を発症された入居者様は0名となります。


重要②で胃腸炎や胃腸炎を疑う症状を発症された入居者様が1名以上発生した場合、全入居者様のお弁当食を実施する旨、お知らせいたしましたが、発生日(令和6年4月13日(土))が土日であり、対応できる職員が少なかったこと、他の入居者様からも体調不良の訴えがなかったことから、全入居者様に対するお弁当食の提供はありませんでした。その旨、保健所に連絡し、了解を得ています。


本日、胃腸炎や胃腸炎を疑う症状を最後に確認してから1週間経過したため、さつき園内の感染予防対策強化を終了いたしますが、平時に行っている(コロナ対策を含む)感染予防対策は継続してまいります。ただし、さつき園は自立型の施設であり、現在、胃腸炎を疑う症状を発症されている入居者様から職員に報告がなく経過していることも考えられます。そのため、近日中に胃腸炎や胃腸炎を疑う症状を発症された入居者様が発生した場合においては、保健所に報告し対応策を検討してまいりたいと思います。身元保証人様やご家族様におかれましては、体調不良発生時の面会は控えていただきます様、ご協力をお願いいたします。


また、この度、入居者様に対してお知らせを掲示いたしましたが、胃腸炎及び胃腸炎を疑う症状を発症した入居者様が1名以上発生した場合、全入居者様に対してお弁当食を実施すると記載した内容について、入居者様1名から「脅しだ。」とのお話がありました。

施設としては、保健所と相談した結果、そのような対応を行っていくことを事前に入居者様にお知らせすることで、お弁当食に変更となったときに混乱が起きないようにと考えた対策でありましたが、誤解を招くような伝え方になってしまったこと、深く、お詫び申し上げます。


今後は全入居者様が関わる対策になった場合においても、事前にお知らせはせず、その都度、入居者様に説明することも検討してまいりますが、対応できる職員の確保が難しい場合、混乱した入居者様に対して十分なご説明が難しいことも考えられますので、今後の対応について、事務所内で検討してまいりたいと思います。また、お知らせを行う内容につきまして、身元保証人様や家族の皆さまからもご意見ありましたら、事務所職員に声をかけてください。さつき園で参考にさせていただきます。


閲覧数:82回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


記事: Blog2_Post
bottom of page